HOME > 個人セッション > 使用するメソッドについて

個人セッションで使用するメソッドについて

筆跡心理学に基づいた筆跡診断と、次のようなメソッドを組み合わせて、ご自分自身を知り、よりよい未来をつくるお手伝いをしています。

数秘術、カードリーディング、タロットカードリーディングは一言で言えば占いですが、「あなたの運命はこうです」と言って終わるようなものではありません。「運命の流れをどうとらえ、活かすか」という「運命学」の観点からアドバイスをさせていただきます。
また、セッションにいらした方々とのコミュニケーションにおいては、心理カウンセリングの手法を用いて、心を開いて話しやすい雰囲気づくりを心がけています。

数秘術

数秘術

「数秘学」とも言い、その人の生年月日(西暦)や姓名などから、固有の計算式に基づいて運勢傾向や先天的な宿命を占う方法です。古代ギリシャの数学者ピタゴラスに起原を持つと言われ、その後さまざまな人々の手が加わって発展してきました。
数秘術の分析システムは数多くありますが、ここでは生年月日から導き出す「誕生数」を基本に、私の経験上もっとも的確な結果を出せるシステムを採用して、みなさんの生まれ持った運命の傾向や待ち受ける課題、その解決策を提示します。

カードリーディング

オラクルカードリーディング

オラクルカードリーディング
オラクル(Oracle)とは「神託」=神意を伺うこと、また、そこで伝えられた言葉のこと。オラクルカードは、私たちが行動するにあたって、神意を伺うためのツールのひとつです。専用につくられたカードもありますし、タロットやトランプも同じように使うことができます。私自身は、深層心理(潜在意識)とそれを取り巻く集合無意識とつながるためのツールとして使用しています。自分のこと、自分以外の人のこと、どちらにも使うことができます。

タロットカードリーディング

タロットカードリーディング

神秘的な絵柄の大アルカナ(22枚)と小アルカナ(56枚)の計78枚のカードを使って、深層心理(潜在意識)と、それを取り巻く集合無意識にアクセスしていきます。占法はいろいろあり、ひとつの問いに対してズバリと回答を得る、オラクルカード的な使い方もできますし、ある程度長いスパンでの状況の移り変わりを見ることもできます。
タロットの起原ははっきりしない点も多いようですが、およそ300年前には現在のような形式になったといわれます。

心理カウンセリング

心理カウンセリング

心理学はその発展の歴史から、いくつかの勢力に分けることができます。
①精神分析を中心とした心理学。フロイト、アドラー、ユングなどが提唱。
②行動分析を中心とした心理学。パブロフ、ワトソン、スキナーなどが提唱。
③人間中心心理学。ロジャース、エリス、パールスなどが提唱。
④トランスパーソナル(個を超越した)心理学。
私がカウンセリングを学んだ日本メンタルヘルス協会では、③にスタンスを置きつつ、①~④のすべてについての指導を受けました。
人間中心心理学の考え方は、一言で表すと、「問題解決で人は成長する」というものです。この考え方にもとづいて、いらした方が抱える問題を会話レベルで的確につかむために、ていねいなコミュニケーションをはかっていきます。



前のページに戻る