HOME > はじめての方へ

筆跡が教えてくれるもの

愛

知り合いや、有名人などが書いた文字を初めて見た時、「あの人らしい字だなぁ」と感じた。あるいは「あの人がこういう(豪快な、おとなしそうな、堅そうな、女性らしい……)字を書くなんて、意外だ」と感じた。

そんな経験を持つ人は、少なくないでしょう。

筆跡に表れた本人の心的エネルギーを感じ取る力を、人は多かれ少なかれ備えているのです。

筆跡心理学の面白さのひとつは、その筆跡が示している心的エネルギーの内容を、言葉で具体的に表現できるということです。

そこでは、書道の世界で言う「上手下手」は関係ありません。また、人の性格の良し悪しをあげつらうこともありません。

筆跡に表れた微細な特徴と、その人の心理・行動傾向の関連を一つひとつ客観的な目で抽出し、それらを総合して、書き手の人物像を導き出すのが筆跡診断なのです。

診断を受けた人には、他人には普段見せていないつもりの自分の姿や、自分でも気づかなかった自分の姿がかいま見えることがあります。

また、筆跡心理学を学んだ上で、多少なりとも面識のある人の筆跡を見ると、自分の認識が的を射ていたと思うことがある一方で、その人の新たな一面に気づかされることも多いものです。

自分をもっと知る手段として、他人をもっと知る手段として、そして、自分を成長させ、よりよい人間関係・よりよい未来をつくる手がかりとして。

筆跡心理学に秘められた奥深い世界を、あなたもぜひ体験してみませんか。



前のページに戻る