HOME > 著作権について

著作権について

当ウェブサイト(ブログを含む全てのページ)のコンテンツの著作権は、シンクネット・コーポレーション/オフィスK、ライター秋月美南、長谷川恵子にあります。

著作権者に無断で複製、翻訳、翻案、公衆送信、出版、販売、貸与、改変などの行為をすることはできません。

著作権法により、著作権者は著作権を侵害した者に対して、差止め請求権、損害賠償支払権等が認められるほか、著作権者の権利を侵害した人には、3年以下の懲役または300万円以下の罰金が課されます。

著作物の一部を使うだけなら「引用」として認められる、という考え方をしている人が多いようですが、著作権法では、引用について次のような規定があり、厳密な枠組みが存在しています。

引用は、通常、次の3つの条件を満たしていなければならないとされています。

1.その著作物を引用する「必然性」があること。また、引用の範囲にも「必然性」があること。

通常は、引用先が創作性をもった著作物であることが必要であり、「当Webサイトに次のような文章があった」として、あとはすべて文章を丸写しにしたものなどは、引用には当たりません。

2.質的にも量的にも、引用先が「主」、引用部分が「従」という主従の関係にあること。

引用した人自身が表現したい内容が明確にあり、その中に、補強材料として原典を引用してきている、という質的な問題の主従関係と、分量としても引用部分の方が地の文より少ないという関係が必要です。

3.引用部分がはっきり区分されていること。

引用部分をカギかっこでくくるなど、本文と引用部分が明らかに区別できることが必要です。
なお、引用には、「出所の明示」が義務づけられています。

営利目的ではなく私的使用(個人的または家庭内における使用が原則)を目的とした、使用する本人による複製、および出所を明示した正当な目的での引用は、著作権法により認められています。

ただし、そうした正当な範囲での使用を超えて当Webサイトに掲載の文章、データなどを利用する場合には、コンテンツ提供者の使用許諾が必要となりますのでご注意ください。

2016年9月23日更新



前のページに戻る